SPX4,037.28-39.29 -0.96%
DIA341.86-2.55 -0.74%
IXIC11,354.19-128.26 -1.12%

DJ-ポーランド着弾のミサイル、ウクライナが迎撃で発射=西側高官

Dow Jones · 11/16/2022 05:14

 【ブリュッセル】ポーランド領内に15日に着弾したミサイルは、ロシアのミサイルを迎撃するためにウクライナ軍が発射したとみられる。西側の高官2人が初期段階の分析として明らかにした。ただ、ポーランド政府は独自の調査を継続している。

 このミサイルの着弾で2人が死亡した。分析結果は16日に北大西洋条約機構(NATO)の緊急首脳会合で協議され、加盟30カ国の大使が情報を確認し、対応を検討するという。

 ポーランドのアンジェイ・ドゥダ大統領は15日遅くにジョー・バイデン米大統領およびNATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長と状況について話し合った。先進7カ国(G7)はポーランドへの支援を表明するとともに、ウクライナ民間人を狙ったロシアの攻撃を非難する声明を出した。

 バイデン大統領は同日、初期段階の情報からはミサイルがロシアから発射されたとは考えにくいという見方を示し、調査を進めると約束した。

 ウクライナ政府の高官は15日に、ポーランドに着弾したのはロシアのミサイルだと述べていた。