SPX3,961.66+27.74 0.71%
DIA338.78+2.34 0.70%
IXIC11,068.64+110.09 1.00%

DJ-香港株は4日ぶりに反落、不動産開発株が安い

Dow Jones · 11/16/2022 04:59

 16日の香港株式相場は4営業日ぶりに反落。ハンセン指数は前日比0.5%安の1万8256.48で引けた。中国の不動産開発株が相場を圧迫した。新型コロナウイルスの感染者数増加も投資家の懸念要因となった。

 不動産株は軟調。10月の新築住宅価格が前年同月比で下落したことに反応した。不動産開発の碧桂園控股(カントリー・ガーデン・ホールディングス)は15%安。増資計画発表を受けて前日も売られていたが、この日は一段安となった。

 龍湖集団(ロンフォー・グループ)は5.6%安。資本市場の状況悪化を受けて、フィッチ・レーティングスが格付け見通しを「ステーブル」から「ネガティブ」に引き下げた。

 ハイテク株の一角も下落。料理宅配・生活関連サイト運営大手の美団は2.5%安、電子商取引大手のJDドットコム(京東)は2.1%安。インターネットサービス大手テンセントホールディングスは四半期決算発表を前に、2.2%上昇した。