SPX4,076.57-3.54 -0.09%
DIA344.41-1.74 -0.50%
IXIC11,482.45+14.45 0.13%

DJ-【市場の声】プランテーション運営企業、減益の可能性も

Dow Jones · 11/15/2022 23:25

 ホンリョン・インベストメント・バンクのアナリスト、チャイ・ウェン・フェイ氏はプランテーション運営各社について、パーム油価格の下落を背景に減益となる可能性があるとみている。

 同氏は原料のアブラヤシの実の生産減少やパーム油製品の価格下落のほか、マレーシアでの生産コストの上昇を受け、大半の企業で上流の農園運営部門の利益は減少するだろうと述べた。

 また、輸出支援を目的としたインドネシアでのパーム油輸出税の変更やヤシの実の生産増加見通しを背景に、インドネシアとマレーシアの上流部門へのエクスポージャーが高い企業とでは、前者の方が有利になるかもしれないとも指摘した。

 ホンリョンではプランテーション業界の投資判断を「オーバーウェート」に設定。パーム油製品や天然ゴムなどの生産を手掛けるマレーシアのクアラルンプール・ケポン(KLK)や同国プランテーション運営大手IOIコープを選好している。