SPX3,963.51+29.59 0.75%
DIA338.46+2.02 0.60%
IXIC11,082.00+123.45 1.13%

DJ-マレーシア株は軟調、総選挙控え荒い値動き続くか

Dow Jones · 11/15/2022 21:19

 16日のマレーシア株式相場は下落している。FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前日比0.3%安の1445近辺で推移。ホンリョン投資銀行のアナリストのウン・ジュン・シェン氏はリポートで、マレーシア株は総選挙を控えて荒い値動きが続きそうだと述べた。

 同氏によると、投資家は慎重な「様子見」姿勢を取る可能性がある。選挙結果を巡り不確実性が高まっているためで、連立政権の分裂による多角的な争いがこれに拍車をかけているという。

 KLCI指数の上値抵抗水準は1469、次いで1482とし、下値支持水準は1436、次いで1424とした。

 個別銘柄では、農園大手サイム・ダービー・プランテーションやパーム油生産大手のIOIコープなどが下げている。

 一方、半導体メーカーのイナリ・アマートンや石油・ガス関連サービス大手のダイアログ・グループは値上がりしている。