SPX3,963.51+29.59 0.75%
DIA338.46+2.02 0.60%
IXIC11,082.00+123.45 1.13%

DJ-IT業界の人員削減、オフィス賃貸に打撃となるか

Dow Jones · 11/15/2022 19:00

 IT(情報技術)業界で相次いでいる人員削減は、オフィス物件のオーナーにとって悪い知らせの始まりかもしれない。

 今年に至るまでIT企業の堅調な雇用動向は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)と全体的な需要減退で苦境に立たされたオフィス物件のオーナーにとって、いちるの望みだった。だが現在、景気の先行きが不透明であることを理由に多くのIT企業がオフィススペースを手放しており、別のテナントにサブリース(転貸)している。

 IT企業は目下、転貸したいオフィススペースの賃料を物件オーナーに支払わなければならない。

 だが、米商業不動産サービス会社CBREグループがIT企業のテナントの割合が大きい米国・カナダの30のオフィス市場を調査したところ、こうした状況は長く続かない見通しだという。

 CBREがまとめた調査リポートによると、IT企業がこれらの市場に出している転貸物件の約45%は2025年までにリース契約が切れ、オフィス物件のオーナーに戻る予定となっている。